米田チエさんとの日々

D 自分らしく
眞理子さんと過ごしていくうちに、年相応の認知症だということがはっきりとわかってきました。

最初は「ボケたら最後、その為にも自分で全部やらないと。」
とおっしゃっていました。

しかし最近では「私、ボケてきたのよ、まあ、90年も生きていればしょうがない!」
と自分自身をきちんと受け入れられています。

無理して気を張ることも無くなり、昼食準備の際に「HELP!」と叫ぶと「OK!」と誰よりも早く反応されます。

「眞理子さん、いつも手伝って下さってありがとう。」
こう言うと必ず

「動ける私は、動かないと。それに家でもこうやって動いているから。」

そうか、眞理子さんにとって昼食の用意も日常のひとつ。
これからはお願いするというよりは、自然とやっていただこう。


次のページ E 記憶の蓄積

デイサービスひととひとは、皆様のご利用をお待ちしております。
是非一度見学にお越しください。
>>アクセスマップはこちら

スタッフブログ

最新Blog News

 

デイサービスひととひと

〒330-0852
さいたま市大宮区大成町1-516-1
TEL&FAX:048-871-6870

ページトップへ戻る