居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは

「企業」と「人材」を結ぶ5つのアドバンテージ

居宅介護支援事業所とは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)がいる事業所です。介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となります。

介護支援専門員とは?

保健、医療、福祉分野で一定の実務経験があり、所定の試験・研修を修了した介護の専門家です。 利用者の状態にあわせて居宅サービス計画(ケアプラン)を作り、サービス事業者の手配をしたり、利用者がサービスを適切に利用できるように支援する役割を担っています。 施設サービスを希望する利用者には、施設を紹介します。介護保険制度は高齢者ができるだけ在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。ケアネージャーは常にご利用者の視点に立って居宅介護の支援を行っていきます。

主な業務内容

イメージ

・居宅介護サービス計画(ケアプラン)または
 予防介護サービス計画(介護予防ケアプラン)の作成
・介護にかかわる相談援助や、要介護認定の申請手続の代行
・サービス事業者との連絡調整、介護保険施設の紹介
・その他要介護者等の自立に必要な援助

費用について

介護保険が適用される場合、要介護認定申請の手続、代行やケアプランの作成などの居宅介護支援事業については、 全額が介護保険により負担されますので自己負担はありません(無料)。
※その他の費用の徴収が必要となった場合は、当該サービス等の提供前にその都度協議して利用者さま等に説明し、同意を得たものに限り徴収いたします。

ご利用方法

ご利用を希望される方は、ケアプランや介護・介護予防に関する手続き・サービス事業者紹介のことなど何でもお気軽にご相談ください。 (電話048-871-6871)

対象となる方(介護保険サービスを利用できる方)

【65歳以上】  介護が必要と認定された方で病気は問いません。
【40歳~64歳】 老化が原因とされる病気(*特定疾病)により、介護が必要であると
認定された方。
*特定疾病とは原因不明で、治療方法が確立していないものです(脳血管疾患・初老期における認知症・末期がん等16疾病)。 治療が極めて困難であったり、病状も慢性に経過している、後遺症を残して社会復帰が極めて困難もしくは不可能であったり、 医療費も高額で経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病です。

デイサービスひととひとは、皆様のご利用をお待ちしております。
是非一度見学にお越しください。
>>アクセスマップはこちら

スタッフブログ

最新Blog News

 

デイサービスひととひと

〒330-0852
さいたま市大宮区大成町1-516-1
TEL&FAX:048-871-6870

ページトップへ戻る