介護保険とは

介護保険とは

介護保険制度は、高齢化や核家族化に対応するために2000年4月1日から施行された新たな社会保険制度です。 要支援・要介護の認定を受けた方は、1割の自己負担で介護サービスが利用できます。 介護給付費は、40歳以上の人からの介護保険料と国・都道府県・市町村の公費によって賄われています。

介護保険サービスの対象となる人

・第一号被保険者 65歳以上で介護や支援を必要とする方
・第二号被保険者 40~64歳で医療保険に加入している*特定疾病により介護を必要とする人

イメージ

*特定疾病とは原因不明で、治療方法が確立していないものです(脳血管疾患・初老期における認知症・末期がん等16疾病)。 治療が極めて困難であったり、病状も慢性に経過している、後遺症を残して社会復帰が極めて困難もしくは不可能であったり、 医療費も高額で経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病です。

サービスの種類

介護保険のサービスは、在宅介護系サービスと施設・居住系介護サービスの2つに大きく分類されます。

1.在宅介護系サービス(ご自宅にて受ける介護サービス)
①訪問

訪問介護 ヘルパーがご自宅を訪問し、食事介助や排せつ介助などの介護や、調理、洗濯などの日常生活上のお世話をします。
夜間対応型訪問介護 登録者を対象に、ヘルパーが夜間の巡回訪問や通報に応じて訪問を行ない、 食事介助や排泄介助などの介護や、調理、洗濯などの日常生活上のお世話をします。 従来のあらかじめ曜日と時間を決めて行う訪問介護では対応できなかった介護ニーズに幅広く対応することが出来ます。
訪問入浴介護 ご自宅に移動式浴槽を持ち込み、入浴の介護を行います。看護師などによる体調のチェックがあります。
訪問看護 看護師や保健師などがごご自宅を訪問し、退院直後の看護からターミナルケアまで在宅医療をサポートします。
訪問リハビリテーション 理学療法士・作業療法士がご自宅を訪問しリハビリテーションを行います。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師などが、在宅療養上の管理および指導を行います。

②通い

デイサービス(通所介護) デイサービスセンターへ通い、食事やレクレーション、入浴等のサービスを受けます。 ご自宅からデイサービスまでの送迎も行っています。※デイサービスの種類参照
デイケア
(通所リハビリテーション)
老人保健施設や医療機関で、理学療法士・作業療法士などからリハビリテーションを受けます。
小規模多機能型居宅介護 通いを中心に訪問、短期間の宿泊を状況に応じて組み合わせながら、日常生活の支援をします。

③その他

福祉用具貸与 車椅子、歩行器など、保険適用の対象となる福祉用具のレンタルサービスです。
特定福祉用具販売 入浴用補助具や簡易浴槽など、保険適用対象となる福祉用具を年間10万円を上限に、1割の費用負担で購入できるサービスです。
住宅改修 要介護者がご自宅の住宅改修を行う場合に20万円を上限として支給される改修費です。

2.施設・居住系介護サービス
施設・居住系介護サービスには「介護保険施設」と「その他の施設」があります。
介護保険施設とは、介護保険上で定められた施設のことです。
①介護保険施設

特別養護老人ホーム
(介護老人福祉施設)
常時の介護を必要とし、ご自宅で適切な介護を受けることが困難な方が受けるサービスです。 小規模な地域密着型介護老人福祉施設もあります。
老人保健施設
(介護老人保健施設)
院後などで介護を必要とする方に、リハビリを中心とした医療サービスと日常生活の介護サービスを提供し、ご自宅での生活復帰を目指すサービスです。
介護療養型医療施設 医療法で定められた療養病床にて、療養上の管理や看護、医学的管理のもとで、介護とともに医療サービスを受ける施設です。

②その他の施設

グループホーム
(認知症対応型共同生活介護)
認知症の高齢者が少人数(最大9人)の家庭的な環境のもと、スタッフのサポートを受けながら共同生活を営む居住施設です。
有料老人ホームや軽費老人ホーム
(特定施設入居者生活介護)
日常生活上のサポート、ケアなどが受けられる居住施設です。介護保険では居宅サービスに区分されます。

デイサービスひととひとは、皆様のご利用をお待ちしております。
是非一度見学にお越しください。
>>アクセスマップはこちら

スタッフブログ

最新Blog News

 

デイサービスひととひと

〒330-0852
さいたま市大宮区大成町1-516-1
TEL&FAX:048-871-6870

ページトップへ戻る